保険金/特約の種類 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
救援者費用等担保特約(セット)

被保険者が以下のA.からF.などの事由に該当したことにより、以下のイ.からへ.などの費用のうち保険契約者、被保険者または被保険者の親族が現実に支出した金額をお支払いします。

<お支払い対象となる主な場合>
A.
責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをして継続して3日以上入院した場合。
B.
責任期間中に発病した疾病(歯科疾病、妊娠、出産、早産、流産およびこれらに起因する疾病を含みません。)を直接の原因として継続して3日以上入院した場合。ただし、責任期間中に医師の治療を開始していた場合に限ります。
C.
責任期間中に搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合。
D.
責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によって被保険者の生死が確認できない場合。
E.
責任期間中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをして、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合。
F.
疾病または歯科疾病、妊娠、出産、早産もしくは流産を直接の原因として責任期間中に死亡した場合。 など
<お支払い対象となる主な費用>
イ.
遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に要した費用。
ロ.
救援者*4の現地*5までの航空機等の往復運賃(救援者3名分を限度とします。)。
ハ.
現地および現地までの行程における救援者のホテル等客室料(救援者3名分を限度とし、かつ救援者1名につき14日分を限度とします。)。
ニ.
治療を継続中の被保険者を自国の病院等へ移転するための費用。ただし、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃および治療費用保険金で支払われるべき費用は差し引いてお支払いします。
ホ.
a.救援者の渡航手続費。
b.救援者・被保険者が現地で支出した交通費。
c.被保険者の入院・救援に必要な身の回り品購入費および国際電話料等通信費等。
a.からc.合計で20万円を限度とします。ただし、治療費用保険金で支払われる費用は除きます。
へ.
被保険者が死亡した場合の遺体処理費用(100万円を限度とします。)および自国への遺体輸送費用。ただし、遺体輸送費用については、払戻しを受けた運賃または負担することを予定していた運賃は差し引いてお支払いします。
*4
救援者とは現地へ赴く被保険者の親族(これらの者の代理人を含みます。)をいいます。
*5
現地とは、日本国内外の事故発生地、被保険者の収容地または被保険者の勤務地をいいます。
  • 故意、自殺行為、犯罪・闘争行為*7
  • 無資格運転、酒酔運転(いずれも事故の日からその日を含めて180日以内にケガにより死亡された場合を除きます。)
  • 麻薬、シンナーなどにより正常な運転ができないおそれのある状態での運転
  • 戦争、その他の変乱*6、核燃料物質等
  • 頸部症候群(むちうち症)または腰痛で他覚症状のないもの
    妊娠、出産、早産、流産、歯科疾病による入院 など
*6
テロ行為(政治的、社会的もしくは宗教・思想的な主義・主張を有する団体・個人またはこれと連帯するものが当該主義・主張に関して行う暴力的行動をいいます。)は除きます。
*7
自殺行為を行った日からその日を含めて180日以内に死亡された場合については、保険契約者・被保険者の故意、被保険者の自殺行為、犯罪・闘争行為は免責事由に該当しません。

承認番号  SJNK14-90233(2014.12.27)